FC2ブログ
高原でお花見
風雅を発信するところ。(自由に詠める)連歌のブログ。Izaから引っ越してきました。参加自由。

プロフィール

花の守人招きの助

Author:花の守人招きの助
管理人、兼詠み人です。


最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード
QR

第百三十八巻
mochiduki

(望月)


スポンサーサイト





この記事へのトラックバックURL
http://kougendeohanami.blog.fc2.com/tb.php/178-5d19a882
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
名前
タイトル
メール
URL

password
管理者にだけ表示を許可

【発句】

長旅終え 望の月待つ 今宵かな(平成)
えび平 | 2018.08.28 09:42 | edit

[脇句]

この世一つの 川におぼれて(安始)
雨来早夢 | 2018.08.30 08:19 | edit

【三句】

散りてなほ 高田馬場の 綿埃(元禄七年)
えび平 | 2018.09.01 09:24 | edit

[四句]

仇かき消して ゆく野分かな(全面休講)
雨来早夢 | 2018.09.04 23:13 | edit

【五句】

滴れる 幾筋の白 山から谿(半跏趺坐)
えび平 | 2018.09.06 13:55 | edit

[六句]

漆黒の道 いざ明かり持て(ブラックアウト)
雨来早夢 | 2018.09.08 15:28 | edit

【七句】

行雲を 見下ろし拾う 島一つ(ひまわり8号)
えび平 | 2018.09.10 14:13 | edit

[八句]

オノコロ島か 秋津の島か(神話)
雨来早夢 | 2018.09.12 21:33 | edit

【九句】

砂を詰め 語りつつまた 逢う日まで(決戦後の汐干狩)
えび平 | 2018.09.14 16:32 | edit

[十句]

凍れる時の 微笑みの影(イソシギ)
雨来早夢 | 2018.09.17 22:24 | edit

【十一句】

紙紐の 紺の記憶の ズレを引く(過去未来)
えび平 | 2018.09.19 23:00 | edit

[十二句]

阿波の旅路に 藍玉一つ(先祖の店)
雨来早夢 | 2018.09.22 19:07 | edit

【十三句】

手もみ独楽 一転神の 風宿る(降臨)
えび平 | 2018.09.24 10:07 | edit

[十四句]

ゆくえ知れずの スコにひとこと (シュレーディンガーの猫)
雨来早夢 | 2018.09.27 22:04 | edit

【十五句】

その跡の 仮名の哀しき 野分後(九月尽)
えび平 | 2018.09.29 15:24 | edit

[十六句]

潮の岬を はや過ぎにけり(ネット観測)
雨来早夢 | 2018.10.01 19:41 | edit

【十七句】

道なき道 曲がるしかじか 登山口(角)
えび平 | 2018.10.03 19:53 | edit

[十八句]

振り向く後に 踏みしだかれて(国語テスト)
雨来早夢 | 2018.10.05 20:09 | edit

【十九句】

柿の木の 五個分の翳の 上に人(正中線)
えび平 | 2018.10.07 20:20 | edit

[二十句]

鐘も鳴らずの 秋ぞ悲しき(金堂落慶法要)
雨来早夢 | 2018.10.11 09:54 | edit

【二十一句】

湧く風と ともに古る家の 時は止み(最終信号)
えび平 | 2018.10.13 15:16 | edit

[二十二句]

万に一つも ほかにあるやは(実力)
雨来早夢 | 2018.10.16 09:11 | edit

【二十三句】

手掘り無念 藪下の穴 はや露見(肉球)
えび平 | 2018.10.18 15:04 | edit

[二十四句]

光の道に なみだひと粒(水野由結脱退)
雨来早夢 | 2018.10.20 23:18 | edit

【二十五句】

旋風を 曲げずに赤く 照る雲間(暮の秋)
えび平 | 2018.10.22 10:16 | edit

[二十六句]

ゆくえ求めて なおも見るゆめ(新生BABYMETAL)
雨来早夢 | 2018.10.24 22:43 | edit

【二十七句】

木にも生る 昼夜独走 独断の(Izaist)
えび平 | 2018.10.26 17:52 | edit

[二十八句]

情に流され 智にすぐる日々(仮の姿)
雨来早夢 | 2018.10.29 11:24 | edit

【二十九句】

些事に盛る 言の葉よりも 浮く雀(十月尽)
えび平 | 2018.10.31 13:46 | edit

[三十句]

貝なしという 嘆きいかほど(片思い)
雨来早夢 | 2018.11.03 09:03 | edit

【三十一句】

塵ちり塵 出口は地獄 夕紅葉(荒れ屋敷)
えび平 | 2018.11.05 10:28 | edit

[三十二句]

たなびく雲に 虹のかけはし(秋模様)
雨来早夢 | 2018.11.08 23:32 | edit

【三十三句】

常夜地を 這う点滅の 不眠時(通信室)
えび平 | 2018.11.11 09:39 | edit

[三十四句]

右に左に あとさきの日々(掛け持ちパソコンスクール)
雨来早夢 | 2018.11.13 12:17 | edit

【三十五句】

アタフタと 高鳴る午後を 冷やす胸(保冷剤)
えび平 | 2018.11.15 14:36 | edit

[三十六句]

思いとどけと ライン七文字(思い出通信)
雨来早夢 | 2018.11.17 20:06 | edit

【三十七句】

峡谷で拾う吐息の 重さ足す(永遠の瞬間)
えび平 | 2018.11.21 05:51 | edit

[三十八句]

ゆけば浄土か もどれば穢土か(刹那)
雨来早夢 | 2018.11.24 22:05 | edit

【三十九句】

透けて夜の 螺旋の紐を 裏返す(歪み)
えび平 | 2018.11.26 10:02 | edit

[四十句]

かなわぬ願い いかに捨つべき(Distortion)
雨来早夢 | 2018.11.30 22:14 | edit

【四十一句】

御辞退の 意向に威光 うずく部屋(偉功)
えび平 | 2018.12.02 20:43 | edit

[四十二句]

三度おがみて 我に教えよ(ブッディエンス)
雨来早夢 | 2018.12.07 09:04 | edit

【四十三句】

多義・両義 ここもそこもも おちこちも(生まれ故郷)
えび平 | 2018.12.09 10:33 | edit

[四十四句]

何はともあれ 過ぎる秋風(師走)
雨来早夢 | 2018.12.11 21:49 | edit

【四十五句】

豆ひとつ分のひととき 小春空(齧歯類)
えび平 | 2018.12.13 09:26 | edit

[四十六句]

こたつ線にも かみあと一つ(去年の今ごろ)
雨来早夢 | 2018.12.15 22:52 | edit

【四十七句】

筒あらば 歯痒い想い 詰めて待つ(未来)
えび平 | 2018.12.17 10:08 | edit

[四十八句]

御籤引けども 限りなき夢(未練)
雨来早夢 | 2018.12.19 22:46 | edit

【四十九句】

復元の 誘惑に負け 空白む(iPad地獄)
えび平 | 2018.12.23 06:35 | edit

【五十句】

カタチ不覚の アイコンひとつ(行方不明)
えび平 | 2018.12.23 06:36 | edit

[五十一句]

立ち消えて 見えぬ姿の あるべきか(本能寺ホテル)
雨来早夢 | 2018.12.26 19:50 | edit

【五十二句】

安土桃山 ひと飛び十里(岡部又右衛門)
えび平 | 2018.12.28 10:30 | edit

[五十三句]

見わたせば 海に消え入る 夢の果て(野望)
雨来早夢 | 2018.12.30 19:38 | edit

【五十四句】

明けて御空の 三十一歳(平成)
えび平 | 2019.01.01 11:03 | edit

[五十五句]

仮の間の 数える日々の 星の雲(ネット)
雨来早夢 | 2019.01.05 23:51 | edit

【五十六句】

奇界の国の 天からの声(Windows10)
えび平 | 2019.01.08 06:37 | edit

[五十七句]

たよりさえ 同期の果てに 消えぬらむ(Outlook)
雨来早夢 | 2019.01.10 22:57 | edit

【五十八句】

里に出る草 馬から沈む(はむはむ)
えび平 | 2019.01.12 09:37 | edit

[五十九句]

忍び草に すべもなきこそ 悲しけれ(出品準備)
雨来早夢 | 2019.01.14 21:43 | edit

【六十句】

月の表面 黒点を恋う(七時八時)
えび平 | 2019.01.16 21:01 | edit

[六十一句]

物に狂い 情けの果ての 月夜かな(ナンナ)
雨来早夢 | 2019.01.18 22:48 | edit

【六十二句】

縮尺村で 稼ぐホラ吹き(まとめサイト)
えび平 | 2019.01.20 10:49 | edit

[六十三句]

いつぞやと 古代の栄華 かえりみて(検索)
雨来早夢 | 2019.01.24 08:56 | edit

【六十四句】

丘に穴掘る 霧の入道(もへじ)
えび平 | 2019.01.26 16:50 | edit

[六十五句]

近く見て 茶文字一つの 植え木立(実見)
雨来早夢 | 2019.01.29 23:46 | edit

【六十六句】

ハートマークの 後ろ巻き舌(ト短調)
えび平 | 2019.01.31 17:29 | edit

[六十七句]

重低音 響きの果ての 寒空に(サマーソニックへ)
雨来早夢 | 2019.02.02 23:37 | edit

【六十八句】

絵文字の猫の 髭を抜くヤツ(太客)
えび平 | 2019.02.04 09:53 | edit

[六十九句]

過ぎた日の 記憶のずれか 梅一つ(回想)
雨来早夢 | 2019.02.08 15:43 | edit

【七十句】

流石に冷える 覚めたお茶漬け(さら、さら)
えび平 | 2019.02.10 20:09 | edit

[七十一句]

茶席にて 思いひとつの 一気飲み(バレンタイン)
雨来早夢 | 2019.02.14 08:12 | edit

【七十二句】

泣く泣く溶ける クラインの壺(スライム)
えび平 | 2019.02.16 09:38 | edit

[七十三句]

異次元に あとを求めて 札二枚(グリードアイランド)
雨来早夢 | 2019.02.18 22:25 | edit

【七十四句】

地図を育てる べきは天使か(シマリス)
えび平 | 2019.02.20 15:56 | edit

[七十五句]

堕天使に みくじ一つの 願いごと(夢と現実)
雨来早夢 | 2019.02.23 08:39 | edit

【七十六句】

螺旋の塔に 咲く薔薇と百合(カサブランカ)
えび平 | 2019.02.25 11:49 | edit

[七十七句]

春の雪 みだれあいてや とけゆかむ(レギオン)
雨来早夢 | 2019.02.28 21:36 | edit

【七十八句】

夕東風かすむ 燈し火はいつ(かぜに従う)
えび平 | 2019.03.02 15:31 | edit

[七十九句]

春の風 お水取りとも きそわずに(不明)
雨来早夢 | 2019.03.05 09:02 | edit

【八十句】

未だ樽の中 目覚めず明日も(賢人)
えび平 | 2019.03.08 09:37 | edit

[八十一句]

徳を知り かぶきたる身に 年積もり(理想)
雨来早夢 | 2019.03.10 22:05 | edit

【八十二句】

古る壁ゆれる 部屋で花摘む(花粉症)
えび平 | 2019.03.12 09:31 | edit

[八十三句]

一筆の 色をも待たず 夢炬燵(無精画家)
雨来早夢 | 2019.03.14 23:26 | edit

【八十四句】

動きを読めば 破限の剣戟(ギルドマスター)
えび平 | 2019.03.16 10:26 | edit

[八十五句]

名前こそ 語りつぐ世の しるべなれ(元号)
雨来早夢 | 2019.03.19 15:46 | edit

【八十六句】

先触れを手で 捏ねて蓋する(冷凍庫)
えび平 | 2019.03.21 21:50 | edit

[八十七句]

空のうち 色なる影に 花姿(開花)
雨来早夢 | 2019.03.24 08:46 | edit

【八十八句】

地の生きモノの 記憶誇らし(蠢動)
えび平 | 2019.03.27 17:06 | edit

[八十九句]

いつぞやは 雪にふるえし 花ひとつ(か弱きもの)
雨来早夢 | 2019.03.30 09:27 | edit

【九十句】

旅立ちの夜は 沈む風吹く(峠越え)
えび平 | 2019.04.01 09:39 | edit

[九十一句]

卯の月の 風よくさわぐ 桜かな(新旧混合)
雨来早夢 | 2019.04.04 08:15 | edit

【九十二句】

ひび割れし岩の 蔭で微笑む(牛込御門)
えび平 | 2019.04.06 10:51 | edit

[九十三句]

阿波の道 こぶしさくらと 眺め見て(春の青空)
雨来早夢 | 2019.04.09 23:27 | edit

【九十四句】

散り敷く羽根の 憐れみは揺れ(花冷)
えび平 | 2019.04.12 06:32 | edit

[九十五句]

いつの世も おとこおんなの 二択にて(中山寺)
雨来早夢 | 2019.04.14 16:10 | edit

【九十六句】

韻踏む文を 添えて握る手(青葉若葉)
えび平 | 2019.04.16 21:32 | edit

[九十七句]

いくとせも 枯れては芽生う 巡りにて(恋の季節)
雨来早夢 | 2019.04.18 10:17 | edit

【九十八句】

想い留め置く 若木を探す(新樹)
えび平 | 2019.04.20 20:03 | edit

[九十九句]

いずこへと ひとひらの舞い 時に消え(五月の声)
雨来早夢 | 2019.04.23 09:49 | edit

【結句】

瞬きふたつ 掴む海の目(Lillie)
えび平 | 2019.04.28 09:52 | edit