高原でお花見
風雅を発信するところ。(自由に詠める)連歌のブログ。Izaから引っ越してきました。参加自由。

プロフィール

花の守人招きの助

Author:花の守人招きの助
管理人、兼詠み人です。


最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード
QR

重力の巻(第百三十六巻)
ジュリア集合

(ジュリア集合)

スポンサーサイト





この記事へのトラックバックURL
http://kougendeohanami.blog.fc2.com/tb.php/161-1c8eeed8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
名前
タイトル
メール
URL

password
管理者にだけ表示を許可

【発句】

重力の 壺の裏側 夏開く(ガストン・ジュリア)
えび平 | 2017.05.26 17:23 | edit

[脇句]

縄文びとの 見あぐよのつき(移民国家)
雨来早夢 | 2017.05.28 07:35 | edit

【三句】

巣が割れて 幾多の出自 こぼれ落ち(胚種の流体)
えび平 | 2017.05.30 09:42 | edit

[四句]

刹那のはてに めぐるよの夢(青ひげ公)
雨来早夢 | 2017.06.01 07:29 | edit

【五句】

埋もれし ヒールの先を 嗅ぐ羊(水無月)
えび平 | 2017.06.03 20:41 | edit

[六句]

としを数うは 人のよのつね(誕生日)
雨来早夢 | 2017.06.05 07:32 | edit

【七句】

参道の 真上雑多な もの混じる(一擲)
えび平 | 2017.06.07 15:32 | edit

[八句]

福を求めて 運のひとふり(御神籤)
雨来早夢 | 2017.06.11 11:41 | edit

【九句】

尾の見えぬ 梅雨の最中の 早歩き(峠道)
えび平 | 2017.06.13 11:16 | edit

[十句]

つめたくもあり 可憐とも言い(矢田寺参道)
雨来早夢 | 2017.06.15 08:00 | edit

【十一句】

雨だれの 地に星ひとつ 書いて去る(合羽)
えび平 | 2017.06.17 14:11 | edit

[十二句]

闇の果てへと オリオンを追い(宇宙川)
雨来早夢 | 2017.06.20 07:51 | edit

【十三句】

夏至雲の 影に躓く 負け戦(空転)
えび平 | 2017.06.22 18:05 | edit

[十四句]

レイドバトルに 耳をそばだて(コレクター)
雨来早夢 | 2017.06.24 23:03 | edit

【十五句】

目視まず 小倉山権大納言(従三位)
えび平 | 2017.06.26 18:17 | edit

[十六句]

名誉の果ての 星に願いを(FDTD初演)
雨来早夢 | 2017.06.28 19:19 | edit

【十七句】

ポチがまた 金字塔絵図 見つけ吠え(ウォー)
えび平 | 2017.07.01 10:00 | edit

[十八句]

ジムのマップに 邪念の迷い(バトラーに変身)
雨来早夢 | 2017.07.03 22:32 | edit

【十九句】

飛ぶ車 空中戦に 知恵絞る(盤上)
えび平 | 2017.07.05 08:55 | edit

[二十句]

とわの未来か 始原の過去か(デロリアン)
雨来早夢 | 2017.07.07 18:49 | edit

【二十一句】

能面の 頬が浮き出る 午前四時(密室)
えび平 | 2017.07.09 16:50 | edit

[二十二句]

あわれをかけよ いかづちの子ら(がごぜ)
雨来早夢 | 2017.07.11 21:13 | edit

【二十三句】

白南風に 戯れる亀 跳ぶ兎(レース中)
えび平 | 2017.07.13 16:30 | edit

[二十四句]

二分の一の 乙女ごころに(さまよえる倭人)
雨来早夢 | 2017.07.15 08:43 | edit

【二十五句】

嫁修行 どこでもドアの 先にドア(ドレミ)
えび平 | 2017.07.17 11:21 | edit

[二十六句]

鏡に映る 雨残る空(むかしをいまに)
雨来早夢 | 2017.07.19 22:36 | edit

【二十七句】

迷い無き 蝉の羽化ほど 柔らかく(肌理)
えび平 | 2017.07.21 10:44 | edit

[二十八句]

七の変化に 秘めることわり(四の歌)
雨来早夢 | 2017.07.25 18:23 | edit

【二十九句】

三之間の 隅に虫食う 星の屑(真夜)
えび平 | 2017.07.27 09:38 | edit

[三十句]

偽の織部に めずらしき草(ウサギのゲージ)
雨来早夢 | 2017.07.29 21:34 | edit

【三十一句】

つむじ風 抜ける緑の 姫蛍(七月尽)
えび平 | 2017.07.31 18:33 | edit

[三十二句]

もののふたちの 夢を夢見て(盛衰記)
雨来早夢 | 2017.08.02 19:00 | edit

【三十三句】

座してまた 馬の蹄を 欲しがる夜(胸厚)
えび平 | 2017.08.04 16:33 | edit

[三十四句]

いまや巨人の 肩にのりつつ(モニュメント)
雨来早夢 | 2017.08.06 20:51 | edit

【三十五句】

暴風と 去りゆく赤と 青の影(ノルー縦断)
えび平 | 2017.08.08 09:28 | edit

[三十六句]

五六騎急ぐ 古都の幻想(予感)
雨来早夢 | 2017.08.10 22:22 | edit

【三十七句】

抜く気配 棘を罵声の 裏打ちに(桜森)
えび平 | 2017.08.12 20:20 | edit

[三十八句]

はやりを求め 獣のごとく(ルギア伝説)
雨来早夢 | 2017.08.14 16:29 | edit

【三十九句】

手の中の 門出と云うも 偽小判(小奇麗)
えび平 | 2017.08.16 20:38 | edit

[四十句]

ひっつきむしを おとす玄関(ただいま)
雨来早夢 | 2017.08.18 22:27 | edit

【四十一句】

等値面 音感作る 顔、覇王(サーフェイス)
えび平 | 2017.08.20 14:21 | edit

[四十二句]

女神のしらべ あまたひそみて(FOX GOD)
雨来早夢 | 2017.08.23 17:49 | edit

【四十三句】

俯瞰する 生まれ故郷の 柿八年(上の空)
えび平 | 2017.08.25 11:30 | edit

[四十四句]

めぐる月日の よろこびの歌(しあわせの4)
雨来早夢 | 2017.08.27 16:35 | edit

【四十五句】

足がまた 海辺を指して 泡立つ日(地底から)
えび平 | 2017.08.29 12:55 | edit

[四十六句]

たづ鳴き渡る 沼の寂しさ(浅きかたより)
雨来早夢 | 2017.08.31 22:08 | edit

【四十七句】

気配なき 九月の雨の 切れどころ(お松)
えび平 | 2017.09.02 11:15 | edit

[四十八句]

ながめせしまの 鈴虫の声(フラワーシャワー)
雨来早夢 | 2017.09.04 23:09 | edit

【四十九句】

オプタネを 秘して蠢く 真夜中の(コマンド遂行)
えび平 | 2017.09.06 15:46 | edit

【五十句】

唸り切なし 万華、東京(クリエイターPC)
えび平 | 2017.09.06 15:46 | edit

[五十一句]

なつかしき 三つの窓に そよぐ風(疾走バス)
雨来早夢 | 2017.09.08 19:44 | edit

【五十二句】

時間積もりの 直角の空(今世)
えび平 | 2017.09.10 16:26 | edit

[五十三句]

ゆく川に 浮かぶ小舟の 時過ぎて(日本時間)
雨来早夢 | 2017.09.12 23:00 | edit

【五十四句】

安定のまた 口紡ぐ夜(絵物語)
えび平 | 2017.09.14 09:59 | edit

[五十五句]

夏過ぎて 夜風に覚むる 夢の果て(夢物語)
雨来早夢 | 2017.09.17 08:21 | edit

【五十六句】

街の渋滞 避けて鞭打つ(中山道)
えび平 | 2017.09.19 22:11 | edit

[五十七句]

別れゆく 秋の小道は 見えねども(捨て左折)
雨来早夢 | 2017.09.21 22:16 | edit

【五十八句】

あやしうこそ物狂おしけれ(団子坂)
えび平 | 2017.09.23 15:59 | edit

[五十九句]

日を暮らし 愛する珈琲に 夢を追い(河原町インパルス)
雨来早夢 | 2017.09.27 19:14 | edit

【六十句】

前途軽やか 草絡む圧(都鳥)
えび平 | 2017.09.29 15:45 | edit

[六十一句]

思う人の 今のゆくえを 問いかけて(遠い声)
雨来早夢 | 2017.10.01 23:08 | edit

【六十二句】

影の尾伸びる 径のコスモス(神無月)
えび平 | 2017.10.03 16:13 | edit

[六十三句]

鳥の鳴く 声をねざめの 音と聞き(今何時)
雨来早夢 | 2017.10.05 23:48 | edit

【六十四句】

見返りを待つ 獣咆哮(満月)
えび平 | 2017.10.07 10:05 | edit

[六十五句]

十五夜の 満たぬうしおに 秘めた恋(蒼星)
雨来早夢 | 2017.10.09 16:14 | edit

【六十六句】

幕間の仕業 という声あり(遠く)
えび平 | 2017.10.12 09:41 | edit

[六十七句]

絵も知らず 物語とも 言わずして(生々流転)
雨来早夢 | 2017.10.15 11:57 | edit

【六十八句】

復活果たす 舌鋒よ、いざ(漁師)
えび平 | 2017.10.17 15:16 | edit

[六十九句]

くやしさの 涙も枯れて 秋の雨(台風接近)
雨来早夢 | 2017.10.20 20:59 | edit

【七十句】

無風地帯を 駆け上がるウサギ(勇者)
えび平 | 2017.10.22 16:02 | edit

[七十一句]

野わけ過ぎ いつ冬の日の 空ならむ(富士冠雪)
雨来早夢 | 2017.10.24 23:20 | edit

【七十二句】

遅れを晴らす 狼煙逆巻く(浪裏)
えび平 | 2017.10.26 18:32 | edit

[七十三句]

朝もやに 煙たちたつ やまとには(浪漫)
雨来早夢 | 2017.10.28 23:22 | edit

【七十四句】

眺めのあとの 残る土の香(陽光)
えび平 | 2017.10.30 10:53 | edit

[七十五句]

幾千も 出会いと別れ ながめつつ(月光)
雨来早夢 | 2017.11.01 21:56 | edit

【七十六句】

丘を越えてく 風船つくる(憧れ)
えび平 | 2017.11.03 14:30 | edit

[七十七句]

青春の 坂を上りて 見た夢に(キャニオン三人娘)
雨来早夢 | 2017.11.05 21:21 | edit

【七十八句】

花果てしなく 続く海道(白日)
えび平 | 2017.11.07 22:34 | edit

[七十九句]

光とも 影とも見えず 白き道(来迎)
雨来早夢 | 2017.11.09 23:42 | edit

【八十句】

龍の調べに 込めた想い出(粛々)
えび平 | 2017.11.11 09:05 | edit

[八十一句]

恋焦がれ 恨み重ねの 鐘の音(清姫)
雨来早夢 | 2017.11.13 22:58 | edit

【八十二句】

惰性の空に 寄せるは茜(深く深く)
えび平 | 2017.11.15 22:23 | edit

[八十三句]

見あぐれば 青より青し 七日空(七年の日々)
雨来早夢 | 2017.11.19 11:40 | edit

【八十四句】

湖底に止まる 藻をくるむ石(透明度)
えび平 | 2017.11.21 17:03 | edit

[八十五句]

目を凝らす 水面に映る 秋の月(野ウサギ)
雨来早夢 | 2017.11.23 20:48 | edit