高原でお花見
風雅を発信するところ。(自由に詠める)連歌のブログ。Izaから引っ越してきました。参加自由。

プロフィール

花の守人招きの助

Author:花の守人招きの助
管理人、兼詠み人です。


最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード
QR

海王星の巻(第百三十四巻)
Neptune


(海王星 太陽系第8番惑星)





スポンサーサイト





この記事へのトラックバックURL
http://kougendeohanami.blog.fc2.com/tb.php/151-f6c6139f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
名前
タイトル
メール
URL

password
管理者にだけ表示を許可

【発句】

海王の 足元掬ふ ほうき星(ネプチューン)
えび平 | 2015.09.21 17:09 | edit

【脇句】

左馬頭から 鰹節届く(名月過ぎ)
花の守人招きの助 | 2015.09.30 21:08 | edit

【三句】

また起きる たまたまタマの 日本晴れ(ミッケ)
えび平 | 2015.10.04 15:58 | edit

【四句】

青空に風 蘭は羽となる(パタパタ)
花の守人招きの助 | 2015.10.30 21:21 | edit

【五句】

志と士と師 日は影となり 輝くも(世の常)
えび平 | 2015.10.30 21:31 | edit

【六句】

地蔵菩薩の 目の下黒子(徐々に大きく)
花の守人招きの助 | 2015.10.30 21:32 | edit

【七句】

秋の夜の 田舎歌舞伎に 狸の子(飛び入り)
えび平 | 2015.10.30 21:34 | edit

【八句】

寝不足の目の 指原莉乃(笑うな)
花の守人招きの助 | 2015.10.30 21:36 | edit

【九句】

ハロウィンが 終われば集ふ 福の神(いいね!)
えび平 | 2015.10.30 21:39 | edit

【十句】

邪険にしないで と縋り付く紙(督促状)
花の守人招きの助 | 2015.10.30 21:43 | edit

【十一句】

世の中に あえて桜を 咲かせやしょふ(口上)
えび平 | 2015.10.30 21:45 | edit

【十ニ句】

ガキの頃から 蛙は苦手(ケロケロ)
花の守人招きの助 | 2015.10.30 21:46 | edit

【十三句】

三番線 西へ向かうは 各駅で(鈍行)
えび平 | 2015.10.30 21:50 | edit

【十四句】

愁眠という 言葉ぞ不覚(グーも出ない)
花の守人招きの助 | 2015.10.30 21:51 | edit

【十五句】

油喰む 君の故郷は アラバマか(ミネソタか)
えび平 | 2015.10.30 21:57 | edit

【十六句】

そっと手に持つ 絞りの風呂敷(薄紫)
花の守人招きの助 | 2015.10.30 21:58 | edit

【十七句】

命運を 透かす瞳に 白うなじ(鰻じゃない)
えび平 | 2015.10.30 22:03 | edit

【十八句】

もっともっとは もっともなこと(です)
花の守人招きの助 | 2015.10.30 22:04 | edit

【十九句】

虹を追い 旅の始まり まだ五分(わくわく)
えび平 | 2015.10.30 22:10 | edit

【ニ十句】

その横丁は 甚平大店(そうでしたか)
花の守人招きの助 | 2015.10.30 22:12 | edit

【ニ十一句】

特大の 照照ボタン 押しそびれ(家訓)
えび平 | 2015.10.31 10:16 | edit

【ニ十ニ句】

弾より速く 転げよ、山猫((ΦωΦ))
花の守人招きの助 | 2015.10.31 10:17 | edit

【ニ十三句】

ゴロゴロと 始まる舞台 幕間なし(ショートショート)
えび平 | 2015.10.31 10:18 | edit

【ニ十四句】

髭の刑事に 胡麻は要らない(カツ弁当)
花の守人招きの助 | 2015.10.31 10:18 | edit

【ニ十五句】

電子版 ミステリ今朝は 歩く美女(赤いハイヒール)
えび平 | 2015.10.31 10:19 | edit

【ニ十六句】

音をかき分け それがすべてさ(謎解き)
花の守人招きの助 | 2015.10.31 10:19 | edit

【ニ十七句】

隙間風 吹く口笛も 力なく(ハスキー)
えび平 | 2015.10.31 10:20 | edit

【ニ十八句】

初冠雪は 闇夜のうさぎ(暗視装置)
花の守人招きの助 | 2015.10.31 10:21 | edit

【ニ十九句】

猫と栗鼠 無言で集ふ 午前九時(小春日)
えび平 | 2015.10.31 10:21 | edit

【三十句】

薄情を生むは ヒト科の特徴(十月尽)
花の守人招きの助 | 2015.10.31 10:22 | edit

【三十一句】

真ん中の 鯵の開きを 下さいな(はい)
えび平 | 2015.11.28 11:30 | edit

【三十ニ句】

胸に手を当て 待つキミがいる(……)
花の守人招きの助 | 2015.11.28 11:31 | edit

【三十三句】

コケモモの 実の純情は 光です(桃太郎)
えび平 | 2015.11.28 11:31 | edit

【三十四句】

明るく終わる 霜月の末(床板)
花の守人招きの助 | 2015.11.28 11:32 | edit

【三十五句】

髪の毛の 華々しさは 充実期(この季も)
えび平 | 2015.11.28 11:32 | edit

【三十六句】

蜜柑の便り 聴きつつ歌う(ハゲ山)
花の守人招きの助 | 2015.11.28 11:33 | edit

【三十七句】

赤ワイン 午後には白く なる予感(満月過ぎ)
えび平 | 2015.11.28 11:34 | edit

【三十八句】

十五、十六 十七条の(憲法)
花の守人招きの助 | 2015.11.28 11:34 | edit

【三十九句】

百年後 我が木星は 大目玉(赤斑膨張)
えび平 | 2015.11.28 11:35 | edit

【四十句】

苦労の質は 問わぬ一服(煙に巻く)
花の守人招きの助 | 2015.11.28 11:36 | edit

【四十一句】

爆音に ビーム振り撒く カニ笑窪(ひめ太)
えび平 | 2016.07.06 13:43 | edit

【四十ニ句】

ばったり落ちる 押しのもろさよ(土俵中央)
花の守人招きの助 | 2016.07.06 13:49 | edit

【四十三句】

隙間風 その直前に 鳴る鎖骨(ポロ)
えび平 | 2016.07.06 13:50 | edit

【四十四句】

目覚ましの声 誰にすべきか(カッカ)
花の守人招きの助 | 2016.07.06 13:51 | edit

【四十五句】

綿のみの 白いソックス 転ぶ空(切り絵)
えび平 | 2016.07.06 13:52 | edit

【四十六句】

あの角の右 ビルの裏側(坂の中腹)
花の守人招きの助 | 2016.07.06 13:52 | edit

【四十七句】

石段を 降りればそこに 花溢れ(群生)
えび平 | 2016.07.06 13:53 | edit

【四十八句】

蟻の行列 滝の如くに(夜逃げ中)
花の守人招きの助 | 2016.07.06 13:54 | edit

【四十九句】

平成の 斜陽の嘘を 捲る昼(意固地)
えび平 | 2016.07.06 13:55 | edit

【五十句】

スープの出汁に 煮干しは合わぬ(伊勢守)
花の守人招きの助 | 2016.07.06 16:46 | edit

【五十一句】

ボール一個 探しあぐねて 五日月(今でしょう)
えび平 | 2016.07.06 16:47 | edit

【五十ニ句】

真珠を磨く 癖は直らぬ(愛人)
花の守人招きの助 | 2016.07.06 16:48 | edit

【五十三句】

ぷく顔が お似合い故に 半魚人(お見会い)
えび平 | 2016.07.06 16:49 | edit

【五十四句】

ほうれい線は 三十路の証(ニャンちゅう)
花の守人招きの助 | 2016.07.06 16:50 | edit

【五十五句】

立候補 するもしないも 出来次第(はぁ)
えび平 | 2016.07.06 16:50 | edit

【五十六句】

またあの人が 銭湯つぶす(戦闘服)
花の守人招きの助 | 2016.07.06 16:51 | edit

【五十七句】

五、六年 前から触れて 知れた事(地下)
えび平 | 2016.07.06 16:52 | edit

【五十八句】

サミットだから 売れぬビルあり(G7Am)
花の守人招きの助 | 2016.07.06 16:53 | edit

【五十九句】

もうよそう、と云うなり妄想 リクエスト(三千大宇宙)
えび平 | 2016.07.06 16:54 | edit

【六十句】

早急に帰り ますとか、でもね(営業ですから)
花の守人招きの助 | 2016.07.06 16:55 | edit

【六十一句】

六月が 来る 決めたのは 梅雨の花火(前線)
えび平 | 2016.07.06 16:56 | edit

【六十ニ句】

油玉十個 食べて恥じらう(たまたま)
花の守人招きの助 | 2016.07.06 16:57 | edit

【六十三句】

考える 人より今は 盛る男(お中元受付中)
えび平 | 2016.07.06 16:57 | edit

【六十四句】

次元の違い 見せる手もある(チャレンジ)
花の守人招きの助 | 2016.07.06 16:58 | edit

【六十五句】

ハナモゲラ 歌えば鼻腔 花粉症(課長・室長)
えび平 | 2016.07.06 16:59 | edit

【六十六句】

山手通りに 未練はありえん(環状6号線)
花の守人招きの助 | 2016.07.06 17:00 | edit

【六十七句】

この夏を 口約束で 負け続く(四人組)
えび平 | 2016.07.06 17:01 | edit

【六十八句】

きっかけ掴み 御嶽いくぞ(百年ぶり)
花の守人招きの助 | 2016.07.06 17:02 | edit

【六十九句】

算術は 今不等号 そこまでか(アンダーライン)
えび平 | 2016.07.06 17:03 | edit

【七十句】

言われてみれば 五月蝿かりけり(マイノリティー)
花の守人招きの助 | 2016.07.06 17:03 | edit

【七十一句】

坂道は 伊万里の里に 始まりぬ(丸徳利)
えび平 | 2016.07.06 17:04 | edit

【七十ニ句】

明日の正義は しょぼい展開(マドンナリリー)
花の守人招きの助 | 2016.07.06 17:06 | edit

【七十三句】

十代目 馬の名前に 名を残す(オタマリキゴール)
えび平 | 2016.07.06 17:07 | edit

【七十四句】

小顔が取り柄の 走る稲妻(飛鳥時代)
花の守人招きの助 | 2016.07.06 17:08 | edit

【七十五句】

四十六 時間あれば 百首カナ(歌詠み)
えび平 | 2016.07.06 17:09 | edit

【七十六句】

竹取姫は 肘の鉄から(千年アイドル)
花の守人招きの助 | 2016.07.06 17:10 | edit

【七十七句】

フリフリの ダンスみんなに 伝えたい(んだ)
えび平 | 2016.07.06 17:11 | edit

【七十八句】

エクササイズに 命捨ててる(鴨)
花の守人招きの助 | 2016.07.06 17:12 | edit

【七十九句】

イモ虫の 動き自体は 麗しく(蒼狼)
えび平 | 2016.07.06 17:13 | edit

【八十句】

すぐに羽化して 畑飛びたい(ブルースカイ)
花の守人招きの助 | 2016.07.06 17:13 | edit

【八十一句】

夜明け前 眠りの深化 論と肌(美貌)
えび平 | 2016.07.06 17:15 | edit

【八十ニ句】

風の自転車 手放しで漕ぐ(鉄橋下)
花の守人招きの助 | 2016.07.06 17:16 | edit

【八十三句】

笑い声 ただただ響け 昼の月(高原)
えび平 | 2016.07.06 17:17 | edit

【八十四句】

夏至を過ぎても 太り過ぎてる(暴飲)
花の守人招きの助 | 2016.07.06 17:18 | edit

【八十五句】

今何句 いま八十五 梅雨深む(厚雲)
えび平 | 2016.07.06 17:19 | edit

【八十六句】

桜桃忌トカ とんと冴えてる(津軽)
花の守人招きの助 | 2016.07.06 17:20 | edit

【八十七句】

輪に旨味 いかの燻製 噛み砕き(イカす天国)
えび平 | 2016.07.06 17:21 | edit

【八十八句】

夏巡業の 町無一文(ふれぬ太鼓)
花の守人招きの助 | 2016.07.06 17:21 | edit

【八十九句】

早起きして 投げて蹴りたし その夜分(掟)
えび平 | 2016.07.06 17:23 | edit

【九十句】

美談よりかは 野趣を積もうよ(飾り棚)
花の守人招きの助 | 2016.07.06 17:23 | edit

【九十一句】

サルが来て 曲げがモノ言う 西東(峠茶屋)
えび平 | 2016.07.06 17:24 | edit

【九十ニ句】

相当負担 当分控えめ(決闘地)
花の守人招きの助 | 2016.07.06 17:26 | edit

【九十三句】

梅雨晴れ間 近づく影に 音軋む(ガヤ)
えび平 | 2016.07.06 17:26 | edit

【九十四句】

切り札持てぬ おとこ反転(工房)
花の守人招きの助 | 2016.07.06 17:27 | edit

【九十五句】

蜘蛛の巣に 頭吸い付き 不快汗(零視界)
えび平 | 2016.07.06 17:28 | edit

【九十六句】

パラパラ漫画で 喉も冷やそう(脱水ぎみ)
花の守人招きの助 | 2016.07.06 17:29 | edit

【九十七句】

モチモチの 膝から下に 偽証跡(スネ太)
えび平 | 2016.07.06 17:30 | edit

【九十八句】

見送る気分 誰も好まぬ(マテ後田)
花の守人招きの助 | 2016.07.06 17:30 | edit

【九十九句】

惑星に 軟着陸し 太る日々(ネプチューーん)
えび平 | 2016.07.06 17:33 | edit

【挙句】

明日の工程表に 雲上(いよいよ)
花の守人招きの助 | 2016.07.06 17:34 | edit