高原でお花見
風雅を発信するところ。(自由に詠める)連歌のブログ。Izaから引っ越してきました。参加自由。

プロフィール

花の守人招きの助

Author:花の守人招きの助
管理人、兼詠み人です。


最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード
QR

高原にいらっしゃいませ。

 




(お花見の始まりです)



連歌の場所として適切かどうか、


練習してみましょう。

 

 

 

 

 

*****

 

 

torisan 様。inkyo 様。雨来早夢 様。初参加の雨女様。花の守和助シロネコえびたの宅配便

 

ご参加の皆様、ありがとう御座いました。

 

まとめです。(2010/08/14)

 

高原にの巻(2010/06/15-2010/08/11 )

 

 

高原に 梅雨なく今朝も 花愛でる(えび平)

 風麗しく 花愛らしく(ひよこ)

 

花香り となりに座る ピッかな(inkyo)

 いもなき 故に高原(えび平)

 

愛の歌 お稽古したくて きたのにさ(きたさーほいさっさ!

 早くも空に 星がまたたく(えび平)

 

松茸を 雲に見立てて 吹く涼風(えび平)

 心あわせて 時の勢い (風雲。)

 

古る歌で この高原も 賑わえり (花守)

 ふるばば飛べず 足腰萎えて・・(ババ守)

 

塩振れば 青菜も巻ける サラダ盛り(花守)

 塩が多すぎ からだにわりい??(エロ度過多・てんこもり注意?ははは!)

 

お砂糖の 白も光と ともにあるね(花守)

 これまでのこと これからのこと(えびひら)

 

枯渇の美? 泉のごとく わきいでず?(わっしょい!

 思い出の糸 たぐる幸せ( それもあるでよ

 

紫陽花の 群れる小径に 蜘蛛の巣も(えびひら)

おつむに蜘蛛の巣 張って悲しき!(ばば)

 

ねぐらまで カアカア、カラスは 泣き虫か(えびひら)

カラスの行水 だから真っ黒?(せっけんいる?

 

味噌汁に 岩海苔日本 海風味(黒子)

海やまのさち 賑わう食卓(バランス・・ですってね。

 

円形の ちゃぶ台何人 でも座れる(臨時家族)

まーるくしたのに 誰も来てない (ははは。

 

梅雨明けが 間近といえど 電気クラゲじゃ(びりびり)

お空に大穴 破れて開いた( ゲリラ豪雨 

 

梅雨明けの しるしの雷 親父なく(ごろごろ)

風神雷神 行け!永田町!(どっかーーん!

 

歌部屋に 鳴いております 閑古鳥( しーーーん)

かんかん鳥の 餌はカイワレ(貧乏神)

 

祈りましょ 神風ふけふけ 遥拝しましょ(字余り・配置ミス・)

  貝割れ肉巻き 風起こらない (わはは!・・切実 

 

神風の 助けとならん 雨来たる (梅雨明けの夢)

ひだり団扇の 風下に虹(福の神)

 

光浴び 威風堂々 虹渡れ。(夢のまた夢 

虹の彼方に ラルク・アン・シエル (J-POP好き

 

海ならば 緋扇貝を 下さいな(小さな手)

あっというまに びゅーちふるふる!(虹の架け橋) 

 

滝飛沫 揖保のそうめん 飛んで来る(ありえないって)

三輪に祈りて 難を避くべし (十一面夢観音

 

厄年の 男無人の 街走る(お台場あたり)

暑さにマケズ 年にもマケズ (奈良県

 

汗垂らし 土用の丑の日 まで我慢(二十六日にょろ)

愛の力か 意地がすべてか (愛は勝つ

 

つぶやきて みる夏の月 雲隠れ(すぐ)

月も仰がず 花をも愛でず(とり)

 

食べ 元気出しましょ あ、明日ですか! (とり)

暑さに怯え 年を感じて(とり)

 

雷鳴が 夕近き空に 響く夏(ごろろん)

雷親父 元気無さそう(でろろん! 

 

うなぎ ふっくら食す 為の酒(万能酒)

うなぎにげゆき 西瓜がごろり(雨女)

 

縦縞が ぐらりぐらりの 極暑光(ゴジラたまご)

逃げるでないじょ! また来てちょんまげ。(とり)

 

酒パワー ほんわかふっくら ありがたや

 宴楽しめ リズムを繋ご!!(のんべ 

 

流れ星 避暑地の夜に 描く海図(高原麗色)

時空を超えた 愛の行く末 (エビマオ

 

前世は 髭の先まで 仁王立ち(成りたや)

白ひげ死して 300万部 (ワン好き

 

さんびゃくまん?・・なんのことやら わけわかめ

白髪千丈 違うらしい・・(・・・えびや~! 

 

打ち上げの 花火欄干に 灯り消え(白鬚橋)

こおろぎビックリ 夜はこれから(ころころ)

 

立秋の イブに奏でる 虫の声

   部屋でなくのは おなかの一匹  (おなか空いた)

 

きてみたが 繋げる場所が わからない

    ひとりあそんで 歌部屋荒らし  (は五人?)

 

かみしもの つらなり書きに 興じたり

  むべこのコメを あらしというらん (荒らしは何人?)

 

大盛りで 足りぬ球児は 相撲部屋(高野連) 

ちゃんこ焼肉 汗もときどき  (タオルは必需品)

 

野分さり 清められたる 道すがし・・・(すごすご・・。 

山路でいつも 逢うは月の輪(白じろ)

 

おじょうさん 早く逃げてと 郭公鳴く (落としたイヤリング) 

転けたその上 苔黒光り(するする)

 

コケよけて 祭囃子の 輪の中に (ピーヒャララ)

地デジ音頭で 栄子ポイント(いい子も)

 

砂浜に エコのポイント 積み上げて (夏の夜の夢

逃げるヒトデと 台風の波(4号)

 

隣国に 台風の波 連れてゆけ (寒暖波)

フェーン現象 増えん減少(してくれ)

 

 

 


スポンサーサイト




第百三回 煩悩をの巻(未完) 2010/04/21-06/01






第百二回 初風やの巻 2010/01/01-04/19






第百一回 笛の音にの巻 2009/11/02-12/31






第百回 菊一輪の巻 2009/09/26-10/25






第九十九回 焼き秋刀魚の巻 2009/08/15-09/25






第九十八回 夏痩せをの巻 2009/07/14-08/04






第九十七回 とりさんはの巻 2009/06/26-07/10






第九十六回 梅雨入りやの巻 2009/06/22-06/25






第九十五回 肌寒きの巻 2009/05/29-06/15